ソーシャルメディアサラリーマン・イッシー

こんにちは!
星の数あるブログの中、僕のブログにようこそ!
そんなあなたに感謝です。

僕は通販会社に勤めるサラリーマンです。
食品バイヤー、企画、営業をやっていましたが今はEC担当をしています。


また、僕はマーケティング塾に入っており
ざまざまなマーケティングのネタもブログに書いています。

ちょっとした「気づき」が
売れるヒントになるのです。

でも、それに
気づくか、気づかないかは
あなた次第・・・

今は”ソーシャルメディア”の時代です。
サラリーマンでも
「発信力」と「編集力」が身につけば

記事一覧(408)

激変の広告・通販~正直者が生き残るのか?

新しいことは好きだ。これは父親譲りだろう。普段の生活でも「新商品」というものがあれば、とりあえず買ってみようと思う。まあ、世の中「新商品」だらけなので僕のおこずかいでは限界があるけど・・・ソーシャルメディアサラリーマンのイッシ―です。WEB広告の激変時代に担当になった今年の2月ごろにWEB通販の担当になった。これまでカタログ通販の担当をずっとやっきた。しかもBtoB。会員組織をもっている通販企業の企画や商品を提供する仕事。企画、営業、バイヤーをやってきた。それが、BtoCのWEB通販だから、まったく新しいことになる。今でもそうだが毎日新鮮だ。同じ通販でもこれだけ違うのか?と痛感している。これまでは、会員さん紙媒体を送って、見てもらい、購入するという流れですが、WEBの場合は、サイトに商品を掲載したところで売れるわけではない。星の数、いや世界の砂粒ほどある情報の中で、スマホやパソコンからWEBサイトを見てもらい、商品を買ってもらわないといけない。そう、まず見てもらうことだけで大変なのである。当然売上も違う。カタログでは1回発刊すれば、多くの売上を作れるのにWEBは目をけたくなるほどである。今、はがき注文やFAX注文については僕が受注入力しているが、1人でも多く注文があるとそれはそれは凄く嬉しいのである。1件の注文がこれほど嬉しいのは今までにない感覚だった。まるでリアル店舗をオープンして、一人でも多くのお客さんが来てくれる喜びと同じ感覚だろうと思う。まあ、これまでが全く違うので比較しても仕方ないけど。

現金不要? 電子マネー? これからの「価値」の交換

10月になりましたね。昨晩は寝汗をかいてました。新潟では昨日は35.5℃の最高気温だったようで台風の暖かい空気の影響やフェーン現象だったようで運動会シーズンやマラソン大会のシーズンがスタートしたのに熱中症に注意しないと・・・暑さ寒さの変化に対応しないと体調も悪くなりますね。ソーシャルメディアサラリーマンのイッシーです。昨晩、NHKスペシャル「マネー・ワールド~資本主義の未来~ 第1集 お金が消える!?」というTV番組を見ました。これまで電子マネーは交通系ICしか使っていませんでしたが、他も使ってみようとEdyを使うようにしました。クレジットカードも複数あるのをちょっと整理して、楽天カードを持っているので楽天Edyにしたのが理由です。使ってみてわかるのですが、メリットデメリットがあります。まずは、小銭を使わなくて済みます。だから知らずに財布には小銭が減らず増える傾向に。レジはスムーズになる。これは交通系ICも同じ。違いは、楽天Edyを使うとポイントが貯まることと楽天ポイントから等価でチャージできる。そして楽天カードからのチャージもスマホから手続きができ、還元率も現金より良い。僕の一番のメリットは楽天カードがメインのクレジットカードにしているため、知らず知らずに貯まった楽天ポイントを電子マネーに変えられるのが大きなメリットです。デメリットはチャージが面倒。スマホがandroidでお財布ケータイ機能があるといいのですが、iPhoneにはないのでネットからクレジットや楽天ポイントからチャージの申請をしてローソンかファミマの楽天Edyのチャージ機や一部からチャージを受け取らないといけません。クレジットからはオートチャージができますが、楽天ポイントからのチャージはいまのところこの方法しかない。先日、セブンイレブンのATMでもチャージできるようになると発表されましたのでどんどん便利にはなると思います。さて、前置きが長くなったが、現金をなくすとどうなるかというNHKスペシャルの番組ですが、一言で言うと「経済が活性化する」。お金が回ると言う事です。確かに現金よりお金を使う感覚がなくなります。そして、現金だと貯める傾向がある。これは世界共通のようで心理的なもののようです。そして、仮想通貨の話もありました。仮想通貨はみんなで監視をしあっているため中央管理者が不要。国の情勢などに左右されず、また現金のように盗難されても仮想通貨の場合は記録されてるので安全でありというのがメリットという。でも、今は投資が主な目的であったり不正流出があったりとあまりいいイメージがありません。でも完璧なセキュリティーは現金でもないので仮想通貨はどんどん普及していくでしょうね。

コレという打ち出の小槌はない〜EC担当より

久しぶりのブログです。EC担当になり半年が過ぎました。だいぶ理解出来るようになり、やらないといけない事が見えて来ましたが、スピードが出ない今日この頃。。。ソーシャルメディアサラリーマンのイッシーです。想像以上にやる事がいっぱい。まぁ、想像できなかったと言うのが正しいのかな。いろんな事が日々起こり、それに対して作業が発生する。まぁ、そんな事はどの仕事を同じなのだが、慣れていない、やった事がないという理由で時間がかかるし、自分では出来ない事がある。WEBショップに商品を登録する。ランディングページを作るのは少しは慣れた。でも、イラストレーターなどの画像制作は出来ないのでそこは他のスタッフや外部に委託する。その出来た画像を張り付けるだけと言えば簡単なのだが、慣れないうちは大変。HTMLやCSSというページをデザインする言語を知らない。よく使うヤツは使っている言語をコピペして真似して何とかやっているのだなかなかブログのように簡単にはいかない。もう基本の言語ぐらいは覚えておかないと。広告も専門用語が多く、始めは何を言っているのかわからなかったが、だいぶ理解できるようになった。多くの代理店と商談して行くようになり、分かったのは、「コレをすれば売上が上がる」という打ち出の小槌はないと言う事。当たり前だが、新聞折込広告やテレビCMなども同じで、GoogleやYahoo!に広告を出せば売れるとは限らない。そして、WEB広告はかなり細かな計測ができるのでショックがデカい(笑)全然クリックしてくれないクリックしても買ってくれないなどが分かる。これまでカタログ通販の仕事をしていたので、見た人がどれくらいいるのかすらさわからない。売れた実績しか分からなかった。